おまとめに頼らないようにするための注意点

カードローンは、比較的簡単な手続きですぐにお金が借りられるのですごく便利な金融ツールであることに疑いはないと思われます。他方で、そんな利便性の高さから、ついお金を借り過ぎてしまって、気が付くと「3社、4社から借金してしまった!」なんて人も決して少なくないと思われます。借入件数が増えれば増えるほど、返済は大変になります。そのような複数社から借り入れがある人がよく利用するのが借金を一本化できるおまとめローンとなるのです。しかし、「おまとめローンを利用すれば複数社から借金しても大丈夫!」と言う訳ではありません。なぜなら、おまとめローンで借りたお金も新たな借金に他ならないからです。それゆえ、できればおまとめローンに頼らないような借り方がベストなんです。そこで、「おまとめに頼らないようにするための注意点」ってどんなことになるのでしょうか?

 

おまとめローンは「魔法の杖」ではありません!

 

いくつものキャッシング会社からお金を借りている方の中には、「最後におまとめローンで一本化すればどうにかなるさ」と、甘い考えを持っている人っているかもしれません。確かにおまとめローンは、複数の借金を抱えている人にとって、借金が一本化できて、かつ現在借りている金利よりも低めのところに乗り換えられるので毎月の返済負担を軽くできる、あたかも「魔法の杖」のように感じてしまうローンとなるでしょう。しかし、注意したいのは、「おまとめローン」をしたからと言って複数社での返済義務や返済負担が無くなった訳ではないと言うことなのです。つまり、複数の借金を一本化することで気持ち的にはあたかも返済したように感じてしまう人が少なくないのです。そして、おまとめローンを利用すると言うことは、実は新しい借金を抱えることを意味するのです。そのことから、おまとめローンは決して複数社からの借入をいいように解決できる都合の良いものではないと憶えておいて欲しいのです。それゆえ、本来はおまとめに頼らないように借りることがキャッシングする上でとても大切なことになるのです。

 

おまとめに頼らないようにするための注意点とは?

 

おまとめに頼らないようにするための注意点として、まず指摘したいのは、「絶対に借り過ぎない!」ことに尽きます。お金を借り過ぎないようにすれば絶対におまとめに頼る事態にはなりません!二つ目は、「完済してから借りるようにする」との鉄則を守ることです。おまとめを利用する人って、抱えている借金を完済しないうちにどんどん借りてしまうことで3社も4社からもの借金を同時に抱えてしまうことになるからです。最後の点としては、「必要の無いカードローンは解約する」ことですね。カードローン契約を3社も4社もしている人っていると思います。仮に契約したカードローンをすべて利用しておらず、実質的には1社のみのカードローンを利用していたとしても、利用できるカードローンが手元にあるとなにかの拍子に利用してしまう可能性はあるのです。そのことから必要の無い、あるいは利用してないカードローンは思い切って契約を解除して1社のみの契約とすれば、おまとめに頼らないような借り方ができますよ。以上の点が、おまとめに頼らないようにするための注意点となります。

 

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ