現在の収入に見合ったキャッシングの額は

キャッシングで一番問題になるのは、「返済」と言って間違いないでしょう。と言うのは、今日のキャッシングは、インターネットを利用して申し込みも簡単で、審査も簡略化となる傾向が強いことから、とても利用し易いのでお金を借りるのがそんなに難しくないので借り過ぎてしまう人が少なくないからです。一方、返済に関しては借入みたいに簡単ではありません。

 

返済守るためには現在の収入に見合ったキャッシング額が重要!

 

返済できなくなって返済不履行となってしまう人や、返済できなくて任意整理や自己破産してしまうほとんどの人が「借り過ぎ」が原因になっていると言ってよいのです。つまり、借り過ぎを防げれば返済に困ることはないと言うことなのです。では、借り過ぎないためにはどうすればいいのでしょうか?どのような基準で考えればよいのでしょうか?それは「現在の収入に見合ったキャッシングの額は?」を考えればよいのです。現在の収入が基準ベースになると言うことです。たとえば、現在の収入における借り過ぎを防ぐひとつの基準としては、「現在の収入の3分の1に借り入れを留める」と言うものがあります。これは消費者金融で対象となる総量規制となります。年収300万円の人だと、年収の3分の1となるのは100万円となり、現在の収入に見合ったキャッシングの額は100万円までになると考えればよいのです。それ以上の借入をしてしまうと、収入に対する借金の比率が高くなってしまって、毎月の返済を圧迫することになって返済に困る可能性が高くなります。

 

「収入の3分の1」なら本当に現在の収入に見合ったキャッシングの額なのか?

 

収入の3分の1までなら、現在の収入に見合ったキャッシングの額になると言えます。しかし、収入の3分の1までなら絶対に返済に困ることはないとは言い切れません。これはあくまでも現在の収入に見合ったキャッシング額の一般的基準、目安と考えるべきものなのです。そうなると本当に現在の収入に見合ったキャッシング額は?現在の収入の3分の1までをキャッシングの限界上限額と考えた上で、その限界上限額にある程度余裕をもたせた額が現在の収入に見合う実質的な額になると言ってよいのではないでしょうか。そのことから、年収300万円の人だと、100万円が現在の収入に見合う限界上限額となりますが、同じ年収300万円の人でも人づき合いが頻繁な人は交際費がかかるので、そのような交際費用を100万円から差し引いた額が現在の収入に見合ったキャッシングの額になると言ってよいでしょう。つまり、各人のライフスタイルによって同じ年収でも、現在の収入に見合ったキャッシングの額は微妙に異なると考えてよいと思われます。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ