キャッシング申込みする前に、知っておくこと

初めてキャッシングを利用しようと考えている人なら、キャッシング申込みする前に、知っておくことってあると思います。それを知っているのと知らないのとでは、キャッシングする上で違いが生じてしまうかもしれませんよ。

 

「本当にキャッシングする必要あるかどうか?」を申込み前に知っておこう!

 

まずキャッシング申込みする前に、知っておきたいことは、「本当にキャッシングする必要ってあるのか?」と言うことです。キャッシングは簡単ですごく便利です。が、キャッシングしないで済むのであれば、その方がよいのです。なぜなら、どの金融機関でキャッシングしても、必ず金利による利息額をつけて返済しなければならないからです。そのことから本当に借りる必要の無いお金を借りてしまうと利息分の返済がとてもムダな出費となってしまいます。だからこそキャッシング申込みする前には、「本当にキャッシングしないと困った状態になってしまうのか?」をよく考える必要があるのです。これってキャッシングする上で、まず知っておくべき事となりますよ。「給料日前なのに銀行引落の残高が足りない!」や「急な入院で少々まとまったお金が必要になってしまった!」と言った場合にはキャッシング利用の目的が明確であり、かつ緊急性が高いのでキャッシングする意味はあると言ってよいでしょう。他方で「手許のお金が心配だから借りておこう!」や「先々にお金が必要になるかもしれないから前もって借りておこう!」といった場合は、キャッシングの利用目的が曖昧で緊急性のない借り入れとなるので、「本当にお金を借りる必要があるのか?」と自問自答してから決めるようにしましょう。

 

「金利」についてはキャッシング申込みする前に知っておこう!

 

もうひとつキャッシング申込みする前に、知っておくことは「金利」です。金利は、借りた後の返済負担に大きく影響するものなので、金利を知らずにキャッシングすることは有り得ない行為と言っても過言ではありません。キャッシング申込みする前に、金利に関して知っておくべきことは、「消費者金融は金利が高めで銀行は金利が低めになる」と言うことです。消費者金融の金利水準は年4%台〜18%となりますが、銀行だと年4%台〜14%台となるので、借りた後の返済負担の軽さを考えれば、金利の低い銀行で借りた方が得です。

 

「キャッシング契約時に必要な書類」もキャッシング申込み前に知っておく事

 

キャッシングするためには契約をしなければなりません。そして、契約する際に提出しなければならない必要書類についても、キャッシング申込みする前に、知っておきたいこととなり、知らないと契約できずにキャッシングできないことになります。キャッシング契約時に必ず必要になる書類は「本人確認書類」となります。消費者金融でも銀行でも、この書類の提出は必須となります。そのことから本人確認書類が提出できない人はキャッシングできません。本人確認書類としては、運転免許証・健康保険証・パスポートでOKです。もうひとつ必要書類となるのは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などの「収入証明書類」となります。ただし、収入証明書類の提出に関しては、消費者金融の場合は50万円以上の借り入れとなる場合に必要になります。銀行だと100万円以下の借り入れなら提出不要となるところが多いです。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ