保証人の必要ない範囲でのキャッシングに

かつてお金を借りる時には保証人や担保が無いと借りることができませんでした。そのことからお金を借りれる人は限られていたと言ってよいでしょう。しかし、現在は保証人も担保も無しでお金が借りれるようになりました。そこで保証人の必要ない範囲でのキャッシングについてはどうなのでしょうか?

 

保証人無しで借りられるのはカードローンです!

 

昔はお金を借りるためには保証人を立てたり、担保を用意する必要がありました。そのことから保証人を付けられない人や担保の無い人だとお金を借りることは不可能だったのです。保証人や担保を用意してお金が借りられる人ってそう多くはありません。それなりに社会的地位や信用力が高く、財力もある人となるので、お金を借りられた年齢層は限られてしまったのです。つまり、20代の社会人で保証人を他人に頼めたり、お金を借りれるだけの担保を用意できる人などほとんどいないと言うことなのです。しかし、現在では保証人無しでもお金が借りれるようになりました。保証人不要でお金が借りれる代表的な金融商品が消費者金融や銀行のカードローンなんです!

 

保証人の必要ない範囲でのキャッシングについて

 

では保証人の必要ないカードローンでキャッシングできる範囲ってどれくらいになるのでしょうか?各カードローンの公式HPを見ると、各々に最大融資額と言ったものがあります。たとえば、消費者金融のアコムやプロミスだと最大500万円となっており、銀行だと三井住友銀行で最大800万円、みずほ銀行だと最大1000万円となってます。つまり、それら金融機関のカードローンを利用すれば、保証人が不要で最大500万円、最大800万円、最大1000万円まで融資を受けられると言うことなのです。一方で、これらの融資限度額の他に、実質的利用限度額となる融資限度額があります。こちらは各利用者の年収に基づいた利用限度額となり、実際に保証人なしでキャッシングできる範囲内となります。つまり、公式HP上での各金融機関の融資限度額は、保証人不要で借りられるその会社での極度額であり、誰もが借りれる上限額ではなく「名目上の限度額」となるのです。そのことから、各人の年収によって決まる限度額が保証人なしで借りれる実質的なキャッシングの範囲内になると憶えておいてください。

 

保証人なしでキャッシングできる理由は?

 

カードローンは「無担保金融商品」と言われており、担保も保証人も不要で融資を受けられます。なぜカードローンは保証人も担保もなしでお金が借りれるかと言うと、それは「信用貸し」というシステムで融資をしているからなのです。信用貸しとは「利用者を信用、信頼してお金を貸す」と言ったものなのです。利用者の信用力はカードローン審査で図られます。そして、審査の結果、「この人は信用できる」とみなされれば、先に実質的限度額の範囲内でのキャッシングが認められます。他方、信用貸しには必ず貸倒れ等のリスクが伴うので、そのリスクをヘッジするために、保証人不要のキャッシングでは保証人が必要になるキャッシングに比べて金利が高めに設定されているのです。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ