キャッシングの前に、本当に必要なお金ですか?

キャッシングする時は、「目的があるからお金を借りる!」「必要な出費があるからお金を借りたい!」といったことで利用する人がほとんどだと思います。でも、キャッシングする方の中には、「なんとなく借りてしまった」や「本当はそんなに必要性に迫られた訳ではないがいちおう借りておいた」なんて場合もあるのではないでしょうか。しかし、キャッシングって本当にお金が必要な時だけ利用すべきものなのです。だから「キャッシングの前に、本当に必要なお金ですか?」と利用する際には常に自問自答する意識を持って利用するようにしていただきたいのです。

 

借りたお金は必ず「利息」付く事を忘れないで!

 

どの金融機関でキャッシングしても、返済する際には必ず利息を付けて支払わなければなりません。利息とは、つまり余分に支払わなければならないお金なんです。場合によっては、この「利息」が返済で大きな負担となってしまって返済できなくなることがあります。大げさに言えば、キャッシングでの利息って怖いのですよ!利息のことを考えれば、無意味な借り入れや本当に必要の無い借り入れはしっかり自重することがとても大切なんです。

 

それって本当に必要なお金ですか?

 

「お金をどこかで用立てる必要が起きた!しかし手元にはそれを賄えるお金が無い!」そうなるとどこかでお金を借りる以外に解決策はありませんよね。でも、借りたいお金の利用目的ってなんですか?どのくらい本当に必要で緊急性のある切羽詰まった状況となっているのでしょうか?たとえば、「急な冠婚葬祭でとりあえずお金を借りたい!」や「緊急入院してしまって入院保証金が必要になった!」といった、どうしてもお金を用意しなければならない事態や、命にかかわる重大な出費などは緊急性の高い借入ニーズと言ってよいと思います。他方で、「友人と旅行に行きたいからお金を借りたい」や「手許のお金だけでも間に合いそうだが、なにかあると困るので余計にお金を持っておきたい」といった場合などは、緊急性の高い、どうしてもお金を借りなければならないお金を言えるのでしょうか?以上の指摘から、「キャッシングの前に、本当に必要なお金ですか?」と考えてみると、実は後々になってみると、「あえてキャッシングして借りる必要はなかったかも…」といったケースもよくあるのです。そんな借り方って利息額で損して無駄なお金となってしまいますよ。また、借りたお金を別の目的で使ってしまって、いざ本当の利用目的で使おうと思っても手許にお金が足りなくなって、また借りてしまうなんてことも往々にしてあります。だからこそ「そのお金って、あなたにとって本当に借りなければならない必要なものなんですか?」とキャッシングする際には必ず自問自答する癖をつけるとよいのです。

 

 

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ