キャッシングを比較する3つのポイント

キャッシングを利用する場合には、利用者によってキャッシングを比較するポイントと言うものは異なるかもしれません。比較検討で頭を悩ませてしまって、なかなかキャッシング先が決まらないと困っている方もいると思います。そこで「キャッシングを比較する3つのポイント」と言うものを提唱してみたいと思います。

 

【ポイント:その1】「金利」にはしっかり目を向けよう!

 

通常のキャッシングや即日キャッシングの場合において、キャッシングを比較する3つのポイントの中で、まず重視したいのは「金利」です。なぜなら、金利水準によって借りた後の返済負担で大きな差が生じてしまうからです。具体的に説明しましょう。仮に100万円を金利年18%で1年間借りると、金利による利息額は18万円となります。一方、金利を年14%で1年間借りたとすると、利息額は14万円となって、およそ4万円もの金利負担差が生じます。借入額がもっと大きくなればなるほど、また返済期間が長くなればなるほど、その金利差による利息額も大きく違ってきます。キャッシングでは、この金利による利息額をどれだけ低く抑えて借りるかが重要なポイントになります。そして、低金利でキャッシングするなら銀行カードローンとなります。銀行の金利水準は年4%台〜14%台となり、消費者金融だと年4%台〜14%台となるので、銀行の金利の低さは明白と言えます。他方で、即日キャッシングの要素を加味して考えた場合、銀行では確実に即日キャッシングに対応しているところはそんなに多くないのでその点には注意が必要です。また、即日キャッシングだけの観点から言えば、消費者金融の方に軍配が上がると言ってよいでしょうね。

 

【ポイント:その2】「利用し易さ」も見逃せないポイント!

 

2つ目のキャッシングを比較する3つのポイントとしては、「即日キャッシングの利用し易さ」となります。と言うのは、いかに金利が低くても自分がお金を借りられなければ絵に描いた餅となります。また、即日にお金が借りたいのに借りられなければ借りる意味が無いと言えます。そのことから自分が確実に借りられ、かつ即日に融資を受けられるところを選ぶのはとても大切なポイントとなるのです。具体的には、「審査が早い」ことが比較する際のポイントとなり、審査が早くところは比較的審査が柔軟でやさしめとなることで利用し易いと言ってよいでしょう。加えて、審査が早いので即日キャッシングにも確実に対応できるところが多いのです。他方で、審査時間が長いと審査は厳しめとなり、即日キャッシングも難しくなるのです。このことから審査時間が早い消費者金融は、審査が柔軟で利用し易くて即日キャッシングにも対応してくれます。が、銀行は審査時間が長めで厳しめとなり、そのことから即日キャッシングへの対応は厳しくなってしまうのです。

 

【ポイント:その3】「即日融資が簡単」な点にも要注目!

 

最後のポイントとしては、簡単に即日キャッシングできるか否かとの点でしょうね。その際の比較するポイントは、即日キャッシングを受けるための条件となります。そして、条件から言えば、消費者金融の即日キャッシングの方が簡単なんです。消費者金融で即日キャッシングするためには「申込時間帯」に注意すればいいのです。一般的に消費者金融では、平日午後2時くらいまでに申し込みを済ませれば当日中の借り入れは可能となります。他方で、銀行で即日キャッシングするには、まず「同銀行に口座を持っている事」が条件となるのです。加えて、申し込みは午前中に済ませるのが条件となる銀行が多いのです。つまり、銀行だと即日キャッシングするための付帯条件が多くなってしまうと言うことなのです。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ