キャッシングして返済が滞りそうになったら

キャッシングを利用している方の中には「返済が滞りそうだ!」と言った人っていると思います。もし、あなたが「キャッシングして返済が滞りそうになったら…」どうすればいいと思いますか?

 

キャッシングして返済が滞りそうになったら「原因」を考えろ!

 

キャッシングして返済が滞りそうになったら、まずはその原因を考えてみましょう。返済が滞ってしまうには必ず理由があります。その理由をしっかり理解して解決しないとなんども返済が滞ってしまう可能性がありますよ。返済が滞ってしまう一番多い理由は「借り過ぎ」なんです!年収に見合わない借り入れをしてしまうとすぐに返済が滞ってしまうことになります。たとえば、年収300万円の人が100万円以上の借り入れをすると、いつか返済が滞ってしまう可能性があります。それゆえ、キャッシングして返済が滞りそうになったら、借入状況をしっかり見直してください。そして、借り過ぎと感じたら、まずは返済のみに専念して、その間は絶対にお金を借りないようにしましょう。

 

キャッシングして返済が滞りそうになったらどうすればいい?

 

キャッシングして返済が滞りそうになり、それが避けられないと思ったら、なによりも返済が滞ってしまう事実をキャッシング会社に電話で伝えてください。なにも連絡しないで返済を滞らせてしまうのは最悪のケースです。返済が滞りそうな旨をきちんと伝えて相談すれば、「今月は利子分のみの返済でOKです」や「きちんと返済できるようになるまで利子分のみの返済で大丈夫です」、あるいは返済日を一時的に変更してくれて遅延損害金が発生しないように配慮してくれることもあります。一方、連絡無しで返済を滞らせると、年20%の遅延損害金が課せられた上に、一時的にカードローン利用を停止されたり、強制解約されることもありますよ。そして、信用情報機関に返済遅延が記録されてしまうことで信用情報にキズがついて今後のカードローン利用が難しくなってしまうこともあるのです。そのことから、キャッシングしていて返済が滞らないようにするのが原則となります。が、どうしても返済が滞りそうになった場合には、まずキャッシング会社に返済が遅れてしまうことを正直に伝えて相談してみてください。そうすれば少なくても最悪のケースだけは避けられると思います。また、とにかく借り過ぎに注意してキャッシングを利用するようにすれば、返済を滞らせてしまうことはないと言ってよいでしょう。そのためには抑制的にキャッシングを利用するように心掛けると同時に、常に年収に対する自分の借入状況をきちんと把握するようにすることがとても大切になります。年収の3分の1までの借り入れがひとつの目安と考えていただければよいでしょう。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ