キャッシングは、カードローンそれとも振込

キャッシングする方では、「カードローン派」と「ネットキャッシングでの振込派」との分かれるのではないでしょうか。利用者各人のライフスタイルや借入ニーズによって、どちらかに分かれるのであって、どちらの方が良いとは一概に言えないと思います。その上で、「キャッシングは、カードローンそれとも振込」について考えてみます。

 

「カードローンキャッシング」のメリット・デメリット

 

まずはカードローンでのキャッシングにおけるメリットとデメリットについて考えてみます。キャッシングする人では、たぶんカードローン専用カードを利用した「カードローン派」が多いのではないかと思われます。なぜなら、一度カードローン審査に通ってカードローン専用カードを手に入れれば、利用限度額の範囲内なら何度でも審査無しで借入や返済がコンビニATMを利用して24時間365日いつでも簡単にできるからです。つまり、自由自在に借入と返済できる点にカードローンでキャッシングするメリットがあると言うことなのです。もう1つメリットを指摘するなら、ATMでの借入ができるので借入先が広くなり、コンビニATMなら全国どこででも24時間お金が借りれることですね。銀行口座への振込キャッシングだと、これは絶対に無理ですね。一方、カードローンでのキャッシングのデメリットとしては、初回にお金が借りられるまでに時間がかかってしまうことなのです。それはカード発行と言う物理的な行為を経ることで、どうしても発行にかかる時間は省略できないからです。たとえば、カードローンで即日キャッシングするには早くても1時間ほどはかかってしまいます。遅い場合だと、半日くらいかかってしまうこともあります。しかし、ネットキャッシングによる振込なら、審査完了後に最短10秒や1分程度で融資を受けられるのです。そのことからデメリットは、即日キャッシングの点でやや難点があると言うことになりますね。

 

「振込ネットキャッシング」のメリット・デメリット

 

指定した口座への振込となるネットキャッシングにおける一番のメリットは、なによりも「融資が早い!」ことになります。カードローンキャッシングのようにカード発行と言う物理的行為が介在しないし、ネット上で融資手続きが全部完結するので融資までのタイムラグが無く融資スピードではカードローンキャッシングでは敵いません。たとえば、プロミスの【瞬フリ】での振込なら審査完了後最短10秒で指定口座へ振込キャッシングが可能となります。(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。)また、アコムでも楽天銀行に口座があれば審査終了後に1分程度で楽天銀行の口座へお金が振込まれます。もうひとつのメリットとしては、申し込みから融資まですべての手続きをWEB上で完結できる利便性の高さです。カードローンでのキャッシングで即日融資を受けたいのなら、カードは郵送では無く、自動契約機を利用してカードを即日に発行してもらわなければなりません。その際に、審査完了後にお近くにある自動契約機まで足を運ばなければならない面倒があります。しかし、振込キャッシグなら来店不要で、自宅にいながらお金を振込んでもらえるのです。振込のデメリットとしては、振込キャッシングは、「ワンタイムオンリーの融資」になることです。なぜなら、カード発行がないので、カードを使って自由に借入や返済ができないからです。それゆえ、再度融資をうけたい場合には、其の都度申し込みして審査を受けて審査に通る必要があるのです。そのことから借入の利便性ではカードローンキャッシングに比べてかなり使い勝手が悪いと言ってよいでしょう。以上のことが、「キャッシングは、カードローンそれとも振込」との質問に対する答えとなります。どちらもメリットとデメリットがあるので、「各利用者の借入ニーズによってどちらの方がメリットが大きくなり、デメリットが大きくなってしまう」と言えるのではないでしょうか。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ