キャッシングの属性を詳しく見ていこう

キャッシングの属性とは何か

 

キャッシングの属性というのは簡単にいうと「審査をする時の審査項目」のことです。箇条書きにすると下のようなものです。

 

・他社での借入

・年齢
・結婚しているかどうか
・職業
・電話番号
・住所

 

…などなど。これはまだ一部ですが、要するに基本的な項目です。属性という言葉を使うと難しく感じるかもしれませんが、私たちが常識として知っているような審査基準です。

 

キャッシングの属性はどのように判断されるか?

なぜわざわざ属性という言葉を使うのかというと、各項目での答えによって、大体審査可能かどうかの答えが出るからです。もちろんそれ一つでは答えは出ませんが、プラスかマイナスかは、それぞれの答えで明確に分かれています。

 

たとえば電話番号がないというのは当然アウトです。携帯電話の契約も固定電話の取得もできないような人は、社会的に絶対に何かあるといえます。そもそも、たとえアルバイトであっても今は携帯電話の番号が必須の時代ですから、これらがないというのはあり得ないのです。

 

その他の属性についてはどう判断されるか?

たとえば住所の場合、賃貸か持ち家かということが特に見られます。もちろん賃貸より持ち家が有利で、特に居住年数が長いと高く評価されます。住宅ローンの返済が進んでいることが多いというのもあるかも知れませんが、一つの場所に長く住んでいる人というのは、その地域でのネットワークなども出来上がっており、簡単に逃げたりしないからです。

 

また、一つの場所に住み続けるタイプの人は基本的に返済もまじめにすることが多いので、そうした点でも居住年数が長い人は有利な属性として判断されます。

 

マイナスの属性でも借りられることはあるのか?

これは基本的にありません。たとえば過去にそのローン会社である程度のお金を借りて、それを完全に遅延なく返済したという実績があればいいかも知れませんが、基本的に属性がマイナスだとキャッシングはできません。

 

ローン会社の審査というのはほとんどの場合機械的に処理されています。人間の好き嫌いなどが入り込む余地がないため、データ上貸出できない人であれば貸せない、という風に自動的に決まるわけです。

 

なので、属性についてはそのような棚ぼたを期待するより、しっかり働いて社会的信用を築くほうが大事でしょう。

キャッシング即日対応のカードローン比較ページへ